湯布院『チェシャ猫の森』ベンガル専門の猫カフェで躍動感を堪能

湯布院『チェシャ猫の森』ベンガル専門の猫カフェで躍動感を堪能
大分に猫カフェなんてあるの?なんて今や昔、昨年各所に猫カフェがOPENしております。
近場はめぐってきましたが、観光地なもんでひとごみを嫌って避けておりました湯布院。
先日、意を決して突撃してまいりました。(大分の猫カフェ一覧

ここ『ギャラリーアリスティールーム チェシャ猫の森』(Gallery Alice’s Tearoom)は、湯布院でも一番の観光スポット湯の坪街道沿い。
湯布院駅から金鱗湖に向かうちょうど中間辺りある、「湯布院フローラルヴィレッジ」内にある猫カフェです。

 

 

珍しいベンガルキャット専門の猫カフェ『チェシャ猫の森』。
ベンガルとはイエネコとベンガルヤマネコの交配で生まれたネコが基礎になったといわれており、ヒョウを思わせるスポット模様が特徴の野性味あふれる猫さんです。
 
ベンガルはヒョウを思わせるスポット模様が特徴–ベンガルはヒョウを思わせるスポット模様が特徴–
 
イギリス・コッツウォルズ地方の村を再現した「湯布院フローラルヴィレッジ」敷地内の一角にあります。
ベンガルキャットの看板がある店舗入口、最終扉を開いた瞬間、ベンガル猫さんするりと脱走。
これがあるので猫カフェの入店は気を付けなければなりません。
逮捕しながらスタッフさん、この子はお客さんが来ると扉の付近でよく待ち構えている脱走常習さんなんですよ。
おちゃめなベンガルさんの思いもかけぬお出迎えに、にやにやしながら受付を済ませます。
 
「不思議の国のアリス」チェシャ猫が住む森がモチーフ–「不思議の国のアリス」チェシャ猫が住む森がモチーフ–
 
ファンタジーチックな雰囲気です–ファンタジーチックな雰囲気です–
 
店名チェシャ猫でわかるように、「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫が住む森をモチーフにした内装。
ファンタジーチックな雰囲気で、アンティーク家具調のキャットタワーもムードがあります。
ワイルドなベンガルさんが映えるように天然木のキャットウォークも設置しております。
真ん中にあるディスプレイにはハリネズミさんもおりました。
 
見づらいけどハリネズミさんも–見づらいけどハリネズミさんもいます–
 
この日お相手してくれたのは10頭ほどのベンガルキャットさん達。
カフェに入ったのは閉店まであと1時間半くらい、先客さんいたものの少づつ帰路につき残り30分の頃になると私だけベンガルさん達独占状態。
ではありましたが、みなさんフロアへタワーへ木の上へじゃれあい走り飛び回り、元気一杯フェスティバル状態。
触れ合う気持ち空回りなものの、野性味あふれる外見通りの、躍動感あふれるベンガルさん達の姿を存分に堪能できました。
 
アンティーク家具調のタワーに置物のような佇まい–アンティーク家具調のタワーに置物のような佇まい–
 
並んで待ち構えてレディー…–並んで待ち構えてレディー…–
 
ゴー!走る走る–ゴー!走る走る–
 
ワイルドな表情–ワイルドな表情–
 
愛嬌たっぷりです–愛嬌たっぷりです–
 
躍動感あふれるやんちゃっぷり–躍動感あふれるやんちゃっぷり–
 
スタッフさん情報によると閉店後がベンガルさん達のお食事時間。
そのためクローズ間際は空腹で、お腹すいた~と走り回ることが多いそう。
元気いっぱいの彼らに会いたいときは閉店間際が狙い目ですよ。

「湯布院フローラルヴィレッジ(Yufuin Floral Village)」には他にもフクロウカフェ「OWL’S FOREST フクロウの森」、女性専用の素泊まりホテル「YUFUIN FLORAL VILLAGE HOTEL」や雑貨店もあるようです。
湯布院散策がてらベンガルキャットさん達とのひと時は癒されますよ~

『ギャラリーアリスティールーム(Gallery Alice’s Tearoom) チェシャ猫の森』
〒879-5102 大分県由布市湯布院町川上1503-3 YUFUIN FLORAL VILLAGE
電話番号 0977-76-5538
営業時間 9:30~17:30

大人:780円(ワンドリンク付き)(中学生以上)
小人:580円(ワンドリンク付き)(4歳~小学生)
3歳以下無料(要保護者同伴)

詳細は公式HPでご確認ください ⇒ Gallery Alice’s Tearoom チェシャ猫の森

 
 

浜チシャ(刻)500g 日本産
堀江生薬
売り上げランキング: 131,011

 

youtubeやってます!チャンネル登録してくれるとうれしいな♪


 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です