ガラスの反射でダブル菊之助のほけ~

ガラスの反射でダブルマンチカン菊之助のほけ~
冬のお楽しみの一つが目の前でウトウトするマンチカン達をみる事です。
それがなぜか、今シーズンは寄り付かず、不思議に思っておりました。
とりたててレイアウトスは昨年のままですので、違いが判らない
窓際設置しておりますストーブを20cmほどテーブルの近くにしてみますと、あら覿面。
その日から舞い戻ってきたのです。
この微妙な位置の違いによる、ガラス面温もりの変化に気づく猫センサーはなんと繊細。
ようやくニャンズが舞い戻ってきました。
ガラステーブルですので、下からの肉球が面白くよく撮影しております。(ガラステーブルでマンチカン撮影)(ねこのジャンプをガラス下から撮影、テーブルからストーブへ
今回は、横たわる菊之助がちょうどこちらを向いておりましたので、ガラスの反射でシンメトリーなほけ~としたお姿を撮影してみました。
 
心地よい床暖房に正体をなくす菊之助–心地よい床暖房に正体をなくす菊之助–
 
撮影が迷惑そうです–撮影が迷惑そうです–
 
テーブルに居つけばまた別の問題が発生します。
居間のテーブルは同居人の生活のすべて。
のんびりテレビを見たりルービックキューブをしてみたり、たまに本読んだり、お仕事…はしませんでゲームをしたり。
滞在中はほとんどがこの場所です。
そういったとりとめのない用途の時は一向にかまわないのですが、お食事だけは話が別です。

ゴロンと寝てるだけならまぁ耐えれるのですが、菊之助・力丸お二方がいると3分の1が占拠されます。
人間が隅っこでコソコソお食事する有様は、なかなか滑稽。
食事の時だけは出来れば退いていただきたいのです。

そうでなくても大半を占拠に、べろべろ大会からイライラ合戦、ヒートアップして喧嘩がおっぱじまったらせからしいので、さすがにいい加減にしてくださいを繰り出すのです。

冬以外には全く寄り付かない菊之助が、すぐ目の前、スヤスヤお休みいただけるのは有難いので。
そんな些細な仕打ちくらい耐えるに吝かでない下僕。弱みを良くご存じなニャンズ達です。

 
 

Circulon シンメトリー 浅型両手鍋 26cm SY-AW26
Meyer (2016-05-30)
売り上げランキング: 264,451

 

youtubeやってます!チャンネル登録してくれるとうれしいな♪


 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です