つれないの菊之助、たまには温もりを

あまり天気の良くなかった休日、雲の切れ間からひと時だけ日差しが降り注いだ昼下がり
心待ちにしていた温もりを求め、窓辺にとことことマンチカン達が憩いにくる
 
窓辺に憩うマンチカン菊之助と力丸–窓辺に憩うマンチカン菊之助と力丸–
 
先ほどまでの灰褐色で味気ない色彩が冬のお日さまに輝いた室内
いつもなら心躍らせるのに、なぜか冷静になる

そんな思いに気付いたか、私を見つめる
見つめ返して瞼を閉じると、菊之助もまた瞼をとじる

ねこはアイコンタクトをとる

普段はクールで気分屋で、興味がないときはそっけないけど
疲れた下僕を察すると静かに寄り添ってくる
温もりに視線を落とすとこちらをみつめるガラス玉のような瞳
元気出せよとかたりかけてくる

ありがとうとそっと触れる… 触れようとすると…
スッと逃げられる…
 
触ると嫌がるマンチカン菊之助–触ると嫌がる菊之助–
 
いやいや、いましがた心かよわせたろうに
少し身を引いた菊之助にそっと近寄り… 近寄ろうとすると…
手の届かぬ距離へ…
 
べろりと少し抵抗する菊之助–べろりと少し抵抗する菊之助–
 
いやいやいや、ここはお互いを感じあう場面でしょうが、
撫でさせろとにじり寄るり…にじり寄るのをひらりとかわしキッチンへ。
 
イライラが募るマンチカン菊之助–イライラが募る菊之助–
 
鬱陶しいと逃げるマンチカン菊之助、つれないやつです…–鬱陶しいと逃げる菊之助、つれないやつです…–
 
そしてひと鳴き。
さきほどの甘えはどうやらお食事の催促かよ。
疲れた体に鞭を打ち、カリカリのご用意をするそんな休日でございます。
満腹の後ももちろん、近寄りゃしませんつれない菊之助でございました。

 
 

片伯部光広のbasic program―クロ釣りは釣れない時ほど面白い
片伯部光広
つり太郎
売り上げランキング: 1,252,048

 

youtubeやってます!チャンネル登録してくれるとうれしいな♪


 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です