ケケケ(クラッキング)の音で比較してみる猫の声変わり

ケケケ(クラッキング)の音で比較してみる猫の声変わり
我が家の優秀な警備員、ニャルソック菊之助。
たいそう勤勉でございまして、キャットタワー3箇所、その他の窓2 箇所、毎日欠かさず巡回しております。
虫がいたらアタック、遠くを眺めてちいさい人の動きを監視、鳥が来た!それクラッキング発動。
そんなケケケのクラッキング動画です。

 


 

動画はちょいと前に撮ってまして整理しておりましたら埋もれてたのを発見。
アップしました。
クラッキングの音、猫さんと同居して初めて聞いたのですが、同居人が生きてきた中で聞いたことのない猫さんの音。
こりゃ面白いとチャンスがあれば撮影の機会をうかがっております。
菊之助が子供の頃も撮影しており、ちょうど良いので見返して比較してみました。(ケケケ、カカカッ猫のクラッキング動画です。

小さいく早く“カカカカ”っていうクラッキングはそれほど音が変わってないようです。
その前後に短く鳴らす音。
子供のころは“ケッ”というか“キャッ”というか細い感じで可愛らしい。
現在の音は“カゥ”“ワゥ”ってかんじで少し低くなっておりました。
厳密に声変わりというのかわかりませんが、猫さんも子猫から成猫になりますと声が変わるのか、それとも低い鳴き方を会得するのか。
個体差や去勢や発情によっても違いがあるのかもしれませんが、いずれにせよ菊之助もたいそう成長したもんだと感慨深いものです。

なぜだかしらないのですが、力丸はこのクラッキングなる行為をやりません。
同居人がいない時もしかしたら行っているのかもしれませんが、見たことがない。
力丸にもすこしは働いてアッピールしていただきたいものです…

 
 

 

youtubeやってます!チャンネル登録してくれるとうれしいな♪


 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です