免疫介在性溶血性貧血にて療養中【菊之助】

食欲旺盛、お通じも快調で消化器系は回復した様子な菊之助。
今現在、完全に戻ったとはいえませんが、見る限りは普通に過ごしております。
先週通院いたしましたので、いまのところの経過報告になります。

参考にしてるヘマトクリット値は血液中に赤血球が占める割合(%)。貧血を判断するのに用いられる数値です。
標準値30.3%-52.3%

8/23
7.2%
免疫介在性溶血性貧血治療開始、8/26まで連日通院して注射による投薬

8/26
12.0%
翌日より薬による服用に切り替え

9/2
27.8%

9/9
34.8%
標準値にようやく戻り、薬の量を減らすことに

ようやくあくびも出るようになった菊之助

気になる点

・まだ全力で走らない
・おもちゃに興味をしめさない
※薬の影響かもしれないので様子見
・2回に1回うんこがゆるい(透明の粘液が出ることもある)
※病気の影響で消化器が弱ってたこともありその影響、こちらも様子見

意味がわからない点

うんこ排出と同時にトイレからロケットのように飛び出ていく
なんでだろう🤔

今後

数週間おきにステロイドの量を少しずつ減らしていくことになります。
しばらくは菊さんの嫌いな病院に定期的に通わねばなりませんが。
この病気は免疫の異常が再度活発化したりすると、再発することがあるとのこと。
発症原因は不明なので、今後とも様子を見守りつつになります。

備考

採血時の菊さんの悲痛な叫びは申しわけなくも笑ってしまいます。

ようやく広い場所で落ちきだした 8/27撮影
あけっぴろげな力丸をみまもる菊之助

猫折れインスタアカウントはこちら @nekoore
よろしければフォローおねがいします。

いつかいたねこ -猫折れ- 
https://nekoore.hatenablog.com/
あの日あの時出会った街猫さん・島猫さんの写真ブログです。

[addyt]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください