猫折れのこのこネコ行脚佐柳島編

先々週湯島から戻ったら大風邪ですよ。マンチカンらじゃなく同居人がです。
今年はまったくロクなもんじゃないと休む間も無く先週、予定どおり佐柳島へ行ってまいりました。
佐柳島といえば防波堤の間をジャンプする飛びねこ。動物写真家岩合さんの本「岩合光昭 島の猫」の表紙の場所がその舞台です。
 

岩合光昭 島の猫
岩合光昭 島の猫

posted with amazlet at 18.10.11
岩合 光昭
辰巳出版
売り上げランキング: 334,455

 
こんな可愛らしいジャンプ、撮ってみたいじゃないですか。
今年初めから機会をこっそりうかがっておりました。

最近居ついているインスタで見かけた、島猫さんを撮影している写真家の @simabossneko さんと @p_nyanco22 さん。
佐柳島の猫さんも撮影されておりましたのでフォローさせていただいておりました。
先月頃、ねこ写真展「にゃんということでしょう!」が10月3日から15日に開催されるとのポストを拝見しましたので、良いタイミングとのこのこ佐柳GOです。

アクセスは各自調べてね、大分からだと5〜6時間くらいです。
多度津からフェリーで50分ほどで到着です。
上陸直後はお天道様も顔を覗かせておりましたが、夕方には曇り空。
その後の滞在した時間のほとんどは曇りであいにくの天気でしたが、秋雨前線と台風のあいま、雨が降らなかっただけでも良しとします。
もちろんまずは猫さん達とのふれあいです。
 
失敗1 飛び猫さんかぶっていまいち–失敗1 飛び猫さんかぶっていまいち–
 
失敗2 飛び猫さんならぬとびおり猫さん–失敗2 飛び猫さんならぬとびおり猫さん–
 
どこでも海と島をバックに撮影できる–海と島をバックに撮影できる–
 
最高のロケーションです–最高のロケーションです–
 
佐柳島の魅力は何と言ってもロケーション。
本浦と長崎の集落を結ぶ海沿いの道路、道すがらの猫さんたちの背後に広がる瀬戸内の海と島々が最高です。
途中例の防波堤の間、くつろぐ猫さんたちのジャンプを撮影するも撃沈。
気を取り直してねこ写真展へ向かいます。
 
ホステルから望む海、晴れてたら最高だったんですが–ホステルから望む海、晴れてたら最高だったんですが–
 
写真展順番待ちの猫さん(嘘)–写真展順番待ちの猫さん(嘘)–
 
写真展をやっている場所は、島内唯一の宿泊施設ネコノシマホステルさん。
海沿いの道路の二つの集落の中間あたりの廃校を改装した施設です。
ホステル前に広がる海がまた最高でこんなところに宿泊したいものです、というか泊まりました。
在廊されてた @simabossneko さんと @p_nyanco22 さん、写真展へいらしていた、インスタで仲良くしていただいております @katsuzowilbury さんともお話できて、とっても素敵な写真展でした。
また、親切にも撮影のレクチャーを施していただき、飛び猫さんも無事おさめることに成功いたしました。
大変感謝です!

写真展は来週の月曜日まで開催しておりますので、島猫さん達と触れ合いもかねて、佐柳島行ってみてはいかがでしょうか!

開催場所:ネコノシマホステル 音楽室
香川県仲多度郡多度津町佐柳1353
開催日:10月3日から15日(定休日:毎週火曜)
開催時間:9時から17時

入場料は無料です。
 
おご馳走
 
夕焼けと
 
今回一番の出来
 
横から
 
ゆったり

 

youtubeやってます!チャンネル登録してくれるとうれしいな♪


 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください